十分なスキンケアで乾燥肌を克服しよう!スキンケアッチ

乾燥肌スキンケアについて

乾燥肌の肌は、皮脂分泌が少なくなっており、なおかつ角質層の水分や天然保湿因子と呼ばれるものの量が少なくなって、皮膚表面が乾燥している状態のことを言います。
天然保湿因子というのはコラーゲンやエラスチン、セラミドなど、肌の潤いをキープするための成分です。
これが不足してしまうとカサつき肌になり、乾燥肌と呼ばれます。

 

乾燥肌で知っておきたい事とは?

 

夏場でも冷房や紫外線の影響もあり、乾燥肌になることがありますし、今までオイリー肌だった、という人が突然乾燥肌になることもありえます。

 

いつの間にか乾燥肌で悩むことになりますし、年齢を重ねると自然と肌は乾燥してきますから、誰しも1回は必ず乾燥肌で悩むことになるんですよ。
1年中肌が乾燥しているという乾燥肌の女性の場合は、根本的な解決が必要となってきますね。
そのためには充分なスキンケアを行って、乾燥肌対策を行いましょう。

 

 

乾燥肌の原因について

 

前述しましたが、乾燥肌は年齢を重ねるごとに増えてきます。
もって生まれてきた女性もいるでしょうが、後天的に乾燥肌になってしまった女性も多いです。
乾燥肌は肌表面の水分が蒸発してしまっていることを言いますが、角質層が水分を溜め込んでいられないために起こるのです。
角質層の細胞間脂質というものが不足している女性は、皮脂膜が薄く、潤いが不足していることが多いので、乾燥肌となります。
この潤いは年々減少しますから、若いうちからしっかりスキンケアしておく必要があります。
年齢を重ねるとさらにしっかりスキンケアをする必要があるのです。

 

乾燥肌の原因は、紫外線や生まれつき、洗顔のしすぎやごしごし洗いなど、後天的なものも左右しますから、正しい洗顔方法をマスターして、正しいスキンケアを身につけることで乾燥肌をケアすることができます。

 

 

スキンケアとは

 

スキンケアとは、女性がお肌を健康に保つために行うケアやお手入れのことを言います。
しかし実際、どれくらいの女性が正しいスキンケアを行っているでしょうか?と思うくらいに、間違ったスキンケアがはびこっているのです。
特に乾燥肌や敏感肌などの女性は正しいスキンケアをしなければ改善するものもしませんから、ここで正しいスキンケアを学んでいきましょう。

 

 

まず、スキンケアとは本来、自然治癒力である自分自身の肌の細胞のターンオーバーを促すものであることを知っておきましょう。
スキンケアによってターンオーバーを促すとも言い換えられますが、自力でターンオーバーを復活させることができるようにサポートする意味でスキンケアは行われます。
第一に、絶対にこすらないことが前提です。
角質層は僅か0.02mmの薄い層になっているので、少しの摩擦も刺激になります。
それだけでバリア機能が壊れてしまいますので、化粧水をつけるときもごしごし着けずに、パッティングもあまりせず、優しくハンドプッシュで押し込むようにしましょう。

 

働いている女性はメイクをすることになりますが、クレンジングでも拭き取りタイプのクレンジングはNGです。
こするタイプのクレンジングは全て乾燥肌に繋がるると考えておけば良いでしょう。
マイルドなミルクタイプのクレンジングでくるくる円を描くように優しくメイクをオフしていきましょう。
また、洗顔の回数が多すぎるのは乾燥肌を促進しますから、1日2回以上の洗顔はタブーだと思っておきましょう。

 

 

正しいスキンケアが乾燥肌が変わる?

 

乾燥肌には適切なスキンケアが必要です。
特に潤いを重視したスキンケアを行うようにすると、乾燥肌に変化を見ることができます。
乾燥肌を解消するには洗顔の見直しが必要になります。
何気なく洗顔料を泡立てて、普通に洗顔していませんか?なかなかメイクが落ちなくてクレンジングでごしごし長時間クレンジングオイルを肌につけた状態でいませんか?これは全て乾燥肌にタブーな状況です。
クレンジングには時間をかけずにスピーディにオフし、洗顔はしっかりホイップクリームのような泡を立てて、肌に泡を転がすようなイメージで洗うのが良いでしょう。
さらに洗顔後、顔を拭くタオルは絶対に清潔なものを使うこと。
ここをきちんとしておかなければ乾燥肌は治りません。

 

また、乾燥肌の人のスキンケアは化粧水がとっても大切です。
グリコール酸の入っているものはオススメですし、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されているものもオススメです。
最近ではとろみのある化粧水が保湿性がある!と人気があるようですが、とろみより配合成分をしっかりチェックしておきましょう。
セラミド配合などの化粧水は多少高額でも乾燥肌であるなら使う価値は充分にあります。
グリコール酸の入った化粧水はスペシャルケアとして週に何度か取り入れると良いですね。
最近ではコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水もそれほど高値でなくなってきていますから、色々と試してみると良いでしょう。
とろみのあるものもあれば、ないものもあります。
テスクチャは個人の好みですから、とろみ感が強いもの、弱いものの選択は自分で行いましょう。

 

さらに化粧水はコットンよりハンドプッシュがオススメです。
そのときの肌状態を手で感じることができると共に、有効成分をしっかり肌に入れ込むことができますから、パッティングなど肌をたたく行為はせず、優しくハンドプッシュしましょう。